« Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law | トップページ | かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 | デイリー新潮 »

2017年10月14日 (土)

椅子デザインにも「著作権」、知財高裁「実用品は意匠権」から一転、保護長期化、そっくり家具姿消す? | 建築・建材展

リンク: 椅子デザインにも「著作権」、知財高裁「実用品は意匠権」から一転、保護長期化、そっくり家具姿消す? | 建築・建材展.

 ところが二審の知財高裁(清水節裁判長)は今年4月、「トリップ・トラップにはオプスヴィック氏の個性が発揮されており、著作物」と認めた。しかも「実用品だけに高い基準を設けるのは適切ではない」と従来の司法判断を批判した。著作権侵害までは認めなかったが、デザインにかかわる業界に衝撃を与えた。

 ……

 「判決が定着すると、影響は思わぬところに及ぶ」。著作権が専門の奥邨弘司・慶応大学法科大学院教授は懸念する。「レストランが宣伝用ポスターのために実用椅子に座った幼児の食事風景を撮影したり、実用椅子の貸し出しビジネスをしたりすると著作権侵害になりかねない」と言う。従来、著作権を気にしなくて済んだ利用例だ。

 写り込みは、平成24年改正で出来た法30条の2で対応されているし、しかも他でもあることですので、まあ対応可能だし特に問題とする理由にならないように思うのですが(実用品だから当然に映り込むという面はありそうですが)、レンタルが貸与権の対象になりそうな点は、妙な感じです。否定する理屈は成り立ちそうに無く、だからといって権利主張する人はまともにはいなさそうですが、そうであるだけに、事前に権利処理しておくのはかえってやりにくそうです。この椅子は小さい子供用なので、レンタルの意味はありそうですし。コンプライアンス意識の高い企業は困ることになるかも知れません。そういうことを考えると、やはり実用品についての著作権は、限定した方が良いかも知れない。。

 なお、今更にこの記事にリンクしたのは、次のようなプロセスに依ります。実は、貸与権はいろいろ問題があるなあということに他の事案から気がついて、この件についてググったのです。そうしたところ、ずばり奥邨先生が実用椅子の貸し出しの問題に言及されていたので、そこへリンクしました。

|

« Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law | トップページ | かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 | デイリー新潮 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105462/65916412

この記事へのトラックバック一覧です: 椅子デザインにも「著作権」、知財高裁「実用品は意匠権」から一転、保護長期化、そっくり家具姿消す? | 建築・建材展:

« Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law | トップページ | かっぱえびせん「やめられない、とまらない!」を考えたのは私 生みの親がカルビーを提訴 | デイリー新潮 »