« AIAでの on-sale-bar についてのメモ | トップページ | Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law »

2017年10月 2日 (月)

Apple is being sued for patent infringement by a Native American tribe | Ars Technica

リンク: Apple is being sued for patent infringement by a Native American tribe | Ars Technica.

Apple gets sued for patent infringement�dozens of times each year, mostly�by little-known shell companies with no products—the types of companies often derided as "patent trolls." But the newest lawsuit seeking royalty payments from iPad sales is likely a first: the recently created plaintiff, MEC Resources LLC, is�wholly owned by�a Native American tribe. The MEC lawsuit�appears to be using Native American legal rights to avoid�having the US Patent Office�perform an "inter partes review" that could invalidate the patent.

 いかにもズルそうな話なので、この作戦が原告に確実に有利に働くとはとても思えないです。

 そうは言っても、事実、IPRについて主権免除を認めている例があるようです。 上記リンク先の記事によると、 公的な大学が権利者の場合についてです:

In the patent world, sovereign immunity protects public
universities, which are viewed as essentially arms of the
state. Two PTAB cases so far have established that patents
owned by public universities can't be challenged in IPRs.
(Sovereign immunity also protects state entities from
"declaratory judgment" lawsuits seeking to invalidate their
patents preemptively, so public university patents can only be
invalidated in court if the university initiates a lawsuit.)

 

 でも、主権免除を認めない例も色々あるわけで、特許とは別の話ですが、state lending laws (貸付について規制する州法でしょうか) の回避を認めなかったとあります:

Patent owners aren't the first to attempt to use Native
American legal rights as a shield. In California, certain
payday loan companies tried to avoid state lending laws by
affiliating with the Miami Tribe of Oklahoma and the Santee
Sioux Nation of Nebraska.

That scheme didn't work. Last year, the California Supreme
Court found "scant evidence that either tribe actually
controls, oversees, or significantly benefits from the
underlying business operations of the online lenders."

 最終的にはこの後者の例のようになるのではないかと思いますが、大学についての例があることからすると、PTABにおいて当面については、免除だとされる可能性もそれなりにある、という感じでしょうか。

 また、このアップルの件そのものでは、訴え(られ)ているということになっています。それだと、主権免除を理由にしてたとえIPRでの反撃は避けられるにしても、自分で提起している侵害訴訟については、無効抗弁は不可避のように思われます。それでも、無効と言われる可能性のある場面を限定するという意味はある、また侵害訴訟では適切なところで和解
するのを目指す、ということでしょうか。それに、IPRでの無効率はかなり高いですから、特許権者として避けられるなら避けたい、ということは合理的かと思います。

 リンク先では、アラガンの特許について次のように記されています:

Earlier this month, the New York-based St. Regis Mohawk Tribe
disclosed that it was given a set of valuable patents
belonging to the drug company Allergan. In return for holding
on to those patents, which were licensed back to Allergan, the
company would pay the tribe an annual royalty of $15 million,
as long as the patents remained valid.

New patent review process has saved billions - so why is it
under attack? Both the tribe and Allergan were explicit about
why they executed the deal: to avoid having the US Patent
Office review their patents in a procedure called inter partes
review, or IPR. ...

 このアラガンの場合をヒントにして、アップルを訴えている組織も同様の目的だろうとされているわけですが、アラガンの場合の方がその作戦が自然というか、理解しやすい面があります。アラガンの場合は、医薬の分野なので、侵害訴訟は基本的には望まず、もしもIPRで無効になるのは絶対に避けたい、という感じなのだと思います。IPR以外でリスクをとって実施してくる競合は、余り居ないだろう、という状況なのではないでしょうか。なので、IPRを避けることにとても意義がある、と。

 これに比べて、現に訴えているというアップルの場合は、抗弁についての判断が不可避と思われますから、主権免除でIPRを避けられるとしても、その点を特別に大事に考えるべきものか、疑問です。

 それでも、IPRは特許権者不利であり、また可能性を追求されるのはいやだという意味でも、特許権者としては避けられるなら避けたいものとは思います。これを重視すると、アラガンの作戦はもちろん、対アップルの原告の作戦も、決して的外れではない、とも思われてきますね。

|

« AIAでの on-sale-bar についてのメモ | トップページ | Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/105462/65864489

この記事へのトラックバック一覧です: Apple is being sued for patent infringement by a Native American tribe | Ars Technica:

« AIAでの on-sale-bar についてのメモ | トップページ | Supreme Court to decide if Inter Partes Review is Unconstitutional - IPWatchdog.com | Patents & Patent Law »