2017年7月30日 (日)

裁判所が選ぶのに…「後見人」の高額請求に「強制力」はなかった!(長谷川 学) | 現代ビジネス | 講談社

リンク: 裁判所が選ぶのに…「後見人」の高額請求に「強制力」はなかった!(長谷川 学) | 現代ビジネス | 講談社.

「後見報酬の審判が確定債権にならないことは、専門家の間では常識です。同様に後見監督人(注・連載第1回で取り上げた「監督人」)に払う義務もありません。

しかし、その事実を国民に知らせない業界体質がある。ようやく最近になって、この事実に気付いた被後見人や遺族たちが、いま返金を求める裁判を起こす準備をしています」

 執行力や確定力はないだろうが、それで義務が無いかのように言うのは行き過ぎのような。。 払わないで居たら、そのための手続きがとられるだけだろうと思われるし、また一般的な話と比べて言うなら、強制力は無くても、契約で払うことになっていたら普通は素直に払うものなわけで。

 とはいえ、元々の後見人制度について、悪用する人が居て難しいところはあるにしても、普通に期待されるところとは違う点があるのはその通りのようです。それにしても、資産を有する被後見人のための制度なら、その運用のためのコストを負担させるのはあるべきことではあり、コスtが必要であることを前提とすると、それを国費でまかなうとかよりはずっと健全な話だと思うのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 6日 (火)

(インタビュー)私だけが悪いのか 前東京都知事・舛添要一さん:朝日新聞デジタル

リンク: (インタビュー)私だけが悪いのか 前東京都知事・舛添要一さん:朝日新聞デジタル.

|  ――著書「都知事失格」には、フランスの閣僚とか英国の公爵殿下とかワシントンDCの市長などとの交流ぶりが、これでもか、と紹介されている半面、都内の庶民との交流はほとんど登場しません。知事として大切にする人、触れ合う相手を間違えたから、ピンチのときに応援してくれる人が出てこなかったんじゃないですか。

 駒場生の頃に、舛添先生の政治学の授業を取っていました。フランス留学から帰国して間もなくの頃です。

 その時の記憶で、ひたすら印象が強かったのは、というかそればっかり言っていたという感じだったのですが、自分がいかに欧州の有名人とお友達か、ということ。政治学の話ではない。せめて、政治学の学者さんの話ならまだマシだと思うのですが、そうでもない。

 その辺、この近著でも同じなのですね。徹した一貫性というか。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月26日 (金)

入学式の式辞、歌詞利用にお金かかる? 京大「正当な引用」 JASRAC「問い合わせただけで請求していない」

リンク: 入学式の式辞、歌詞利用にお金かかる? 京大「正当な引用」 JASRAC「問い合わせただけで請求していない」.

「確かに、歌詞の利用状況について、確認する目的で問い合わせはいたしています。これは請求をするかどうか、判断するための問い合わせでJASRACとしては日常的に行っているものです」京大は、許諾利用手続きを要求された、という認識だが……「利用許諾手続きについての案内はしましたが、それは制度についての一般的な説明で、みなさんに話していることと同じ説明です。許諾をとるように強く要求したわけではありません。現段階で、京都大学との間で争いがあるわけでもありません」

リンク先でもこの先に弁護士さんの話として書いてあるとおり、これは引用としてOKでしょうね。

それなのに、問い合わせをするのは、疑問なように思います。それも、 「利用許諾手続きについての案内」まですると、事なかれ主義の相手だったら払ってしまうのではないでしょうか。そして、出来ればそれが望ましいとしていたのではないか、と邪推したくなります。そういう意味で、疑問を感じるのですが。。

(実際に書いて公開するタイミングが遅れてしまったので、妙な掲載の仕方になりますが、以上が、当初の報道を見たときに思ったことです。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月16日 (火)

ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り  :日本経済新聞

リンク: ヤマハがJASRAC提訴へ 教室演奏の著作権料巡り  :日本経済新聞.

日本音楽著作権協会(JASRAC)が音楽教室から著作権使用料を徴収する方針を打ち出したのを受け、音楽教室大手のヤマハ音楽振興会(東京・目黒)がJASRACへの支払い義務がないことの確認を求める訴訟を東京地裁に起こす方針を固めたことが16日、分かった。

玉井先生のツイッターを見るなどすると、JASRACを悪く言いたくは無いのですが、条文からは、ヤマハの主張もそれなりに理解できます。演奏権の著作権法22条は、単に演奏というのではなくて、「公衆に直接見せ又は聞かせることを目的として」の演奏についての独占権を規定しています。ですから、音楽教室での練習での曲の使用は権利の外、という理屈も確かにあり得ます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月13日 (木)

東芝メモリ買収、政策銀や革新機構は出てくるな! 日本政府は、中国による東芝メモリの買収を外為法で禁止 | JBpress(日本ビジネスプレス)

リンク: 東芝メモリ買収、政策銀や革新機構は出てくるな! 日本政府は、中国による東芝メモリの買収を外為法で禁止 | JBpress(日本ビジネスプレス).

 これが、筆者が最も恐れていたことである。メモリビジネスで最も重要なことは、巨額な設備投資を、いつ、どこで行うか、という果断な決断をすることにかかっている。つまり、メモリビジネスとは、一種のバクチなのだ。現在意識不明に陥っているサムスン電子のカリスマ経営者だった李健熙は、その天才だったのだと思う。

 ところが、「拒否権を発動するため」だけに、ボードメンバーに革新機構や政策銀から送り込まれた厚顔無恥な輩は、目の前に到来しているチャンスを「拒否権を発動して」全てを台無しにしてしまう可能性がある。だから、政策銀や革新機構には引っ込んでいてほしいのである。革新機構に至っては、志賀会長がインタビューで答えているように、法律的にも出資する根拠はない。

もっともなご指摘に聞こえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月28日 (水)

マサキ珈琲はコメダ珈琲??? - サトー国際特許事務所 所長のブログ

リンク: マサキ珈琲はコメダ珈琲??? - サトー国際特許事務所 所長のブログ.

多分、「コメダ」に詳しくない人は、「マサキ」を「コメダ」と思ってしまうか、何らかの提携関係のお店だと思ってしまうでしょう。

上記のように混同が生じるというなら、確かに不競法違反で良さそうです。でも、名前はちゃんと違うものが表示されているのですよね。それで混同するのか、なお疑問が無いではないです。

真似ているのは威張れたものではないと思いますが、かっこいいから真似た、という話だったとすると(仮に)、不競法の混同の主張だけとの関係では、アウトではないという話にもなりそうな気もします。

e-oneとiMacの話を思い出しました。提携関係云々というのも、この件の際の飯村決定を意識しての裁判書きなのだろうなあ、と思います。その際にも私は疑問を持ちました、次の文章です:

http://matlaw.info/EONE.HTM

知財を強化するのには一般論的には賛成なのですが、

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月22日 (木)

電通、NHK取材に「自浄能力がない」と感想を述べた若手社員を「戒告」の懲戒処分にして自浄能力のなさを改めて示す:MyNewsJapan

リンク: 電通、NHK取材に「自浄能力がない」と感想を述べた若手社員を「戒告」の懲戒処分にして自浄能力のなさを改めて示す:MyNewsJapan.

電通が、社長セッションのあとでNHKの出待ち取材に答え「自浄能力がない会社だなと思う」等と感想を述べた20代社員に、始末書を書かせて「戒告」の懲戒処分を下していたことがわかった。

余りにもオチがみごとで、本当なのか疑ってしまいます。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月10日 (水)

「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

リンク: 「イソジン」が、カバくんに別れを告げた理由 | 医薬品・バイオ | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準.

しかも、トレードマークの「カバくん」は明治だけに残る。そのため、明治は今後カバくんを前面に押し出したプロモーションを行う。」

「一方、ムンディが開発・製造し塩野義が販売する新たなイソジン製品も、これまで明治が販売していたイソジン製品と中身は同じだという。しかも、パッケージには「カバくん」ではないが、カバのようなキャラクターを採用。
つまり、来年4月からは、中身とキャラクターの動物は共通でブランド名が違う、2陣営のうがい薬が店頭で激突することになる。」

この話がさらにこじれて、仮処分申請に至ったようです。

仮処分申請の新聞記事を本日見たときには、何故に、ムンディや塩野義がこれ程に似たカバを使おうとしているのか、疑問に思いました。必ずしも双方円満にライセンスを解消したわけではないにしても、まったくの喧嘩別れというわけでもないだろうに、この辺りを調整することもなかったのは、なんとも不思議です。

昨年の時点から、これが火種になりそうなことは知れていたのですね、こうして昨年の東洋経済の記事を見ると。それが結局仮処分申請に至ったというのは、ムンディ側の対応の仕方に疑問を感じます。

もっとも、イソジンの名前とカバとが結合して信用になっているとすると、明治の主張も当然に大丈夫とも言えないのかも知れないですが。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月21日 (水)

このくらいではへこたれない VW車を買う信奉者 VW問題 From デトロイト(1) WEDGE Infinity(ウェッジ)

リンク: このくらいではへこたれない VW車を買う信奉者 VW問題 From デトロイト(1) WEDGE Infinity(ウェッジ).

デトロイト3のクルマや韓国ブランドのクルマならいざ知らず、ドイツ車を買う人々の「ブランド信奉」というのはこれくらいのことでブランドから離れたりはしない。  VWファンがデトロイト3や日本車へそう簡単に乗り換えるわけがないのだ。かつてホンダ車のオーナーたちがそうであったように、VW車に乗っている人々は自らを「クールだ」と思っている。ドイツ車のVWを選ぶ自分がクール(かっこいい)なのである。VW車がクールなのではない。したがってブランドとしてVWのライバルになれるのはアウディ、BMW、メルセデス・ベンツであり、これらは全て高級車なので、結局VWにはライバルがいないということになる。

そうなのかなあ? 確かに、そう簡単には他のブランドに移行しないのかも知れないけれど、ウソつきと言われるVWを選ぶのがクールと考えられ続けるんだろうか?

まあ、VWの売上に支障が生じているとの報道がされつつも、それなりに売れているようではあり(数パーセントの下落とか、伸びがない、とかの程度)、それは、このリンク先の説明のような話なのかも。私には、現状でVWの車を買う人がいるのが信じられない。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 2日 (金)

VW不正:数週間以内にリコールの方針「ソフト交換」 - 毎日新聞

リンク: VW不正:数週間以内にリコールの方針「ソフト交換」 - 毎日新聞.

ほとんどの車がソフトの交換だけで対応が可能だという。ただ、浄化装置を常時作動させると燃費が悪化する可能性が指摘されているが、担当者はこうした点には言及していない。

「ソフトの交換だけで対応が可能」というのは、テスト対応モードでは排ガス規制をクリアしているのですから、クリアするだけなら当然ではあります。それは当然ですが、通常走行時の燃費などが悪化するのでは、本来の意味での「対応が可能」とは言えないですよね。。

また、今回の発覚までの経過において、EPAの指摘に対応してのリコールをしたが改善しなかった、という話がありました。この内容はどういう物だったのか、興味深いです。

こういう悪質なことをやったのは、必要があってのことと思われ、簡単に対応できるとはとても思えないです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«最新排出ガス規制適合車 低減性能の「無効化機能」|東京都